定電流回路(主にLED電流制限)たぶん、その①

過去にも書きましたけどね。うん。まだやってるの!!

さて、LEDの定電流回路の話。

そんなん抵抗で電流決めればイイ。
 →でも、20mA程度の話。

定電流ダイオード(CDR)とかLM317を使えばイイ。
 →Vf(LEDで消費される電圧)+3Vは必要。

という具合に。

Vf 3.0V付近の1Wクラスを5V駆動させようとすると多少の頭を抱えるわけです。


基本① トランジスター基準電源タイプ(1号機)
LED用定電流回路_Trタイプ.PNG

基本的な回路。
トランジスターのVBE(ベース・エミッター間の電圧)を利用した方法。

 1・R2に流れる電流が多くなると、R2*電流で、電圧が発生し
 2・電圧がTrのしきい電圧(VBE)を超えると、Trが作動
 3・FETのゲート電圧が下がりFETはOFFに
 4・すると、しきい電圧を下回り、TrがOFFに
 5・FETのゲート電圧が復活し、FETがONに
 6・1へ戻る

てな感じの、スイッチング動作を繰り返します。

良点としては
 ・2石で構成できること
 ・Vf+1Vで、500mA程度までなら動作する

悪点としては
 ・VBEが意外に安定しづらい
 →温度・電流・印加電圧などで変化する

というところでしょうか。


基本② オペアンプタイプ(2号機)
LED用定電流回路_シャントタイプ.PNG

①の回路だと、VBEが安定しずらい。
特に温度変化による安定性が危なっかしいので
シャントレギュレータ&オペアンプ利用タイプ。
原理は①とほぼ同じ。

良点としては
・VBEが安定し、定電流も安定している。
・VBEが下方に調整できるのでVf+1Vで1Aくらいまでなら行けそう。
 (500mAしか、まだ試してない)

悪点としては
・部品点数は若干多い。

てな感じです。

今後作る定電流回路は、複数個のLEDを同時に駆動する予定なので
基準電圧を共有出来る利点から、オペアンプ方式かなぁ。と。

と。

・・・・・・・・・・・・。いあ、実は・・・。
オペアンプ方式と同等の石。出てたんですよね。
昨年の4/8に登録だってさ。。。


がおおおおおおおおおお(「・ω・)「ガオー

ということで、3号機に突入。だっぽ(´・ω・`)

※1号機・2号機の写真とともに掲載予定です。