30fpsと29.97の魔

10月11月は、結婚式シーズンらしいですね。

てなことで。

結婚をされる友人のためにビデオ製作を申し出てみました。٩(๑º╰╯º๑)۶

ただ。披露宴中程の想い出写真は業者さんに頼んだとのことでして
こちらが担当するのは・・・。

入場時のカウントダウンムービー
全体・入れ替え.jpg

本人たちの希望で「前前前世」の曲にあわせて製作。
BPM(テンポ)190もある、激しい曲調でしたから
それなりに、バンバンシーン切り替えが発生します。

見た目はエロゲのオープニングなんですがね・・・。(汗


頑張って1日+6時間で完成させたどー。٩(๑ º ╰╯ º ๑)۶

と。。。。。。。。。。。。
これが、事実上のやり直しとなりました。(汗

内容は本人たち、無茶苦茶、喜んでくれたんですけどねぇ・・・。


そものそも問題が2点あります。

まずは、1点目。
式場がDVDーVideo形式しか受け付けていない。

こういう式場。多いいんだ。(´・ω・`)
そもそもDVDーVideo形式にした時点で、
720x480サイズとなり画質面で、今どきではありません。

どうせ、式場がしらんだけで。他の形式で持ち込めるだろლ(❛◡❛✿)ლ
とタカを括ったのが、失敗でした。

式場に型番を確認した所、プレイヤーが古くDIVX形式しか対応してない。
しかも、DIVX形式は式場が嫌がる。。。結局、DVD-Video一択・・・・。

なんでそんなに古いんだよおおおおおおおお。
というツッコミはしたいわけですが。それはもう諦めて。


次の2点目。オーサリング問題です。

とりあえず、DVD-Rに焼いたからって即DVDのVideoになるわけるじゃない。
これよくある勘違いなんだ。(´・ω・`)

それは、さておき。

今回はHD画質にしてやろう1280x720で30fpsで製作をしたわけです。
でもDVD-Videoですと、720x480で29.97fps。
画質の低下は致し方ないわけですが・・・。

フレームレート(fps)で問題が発生。(´・ω・`)

30fpsというのは1秒間に30コマの表示の意味なんですが
Videoの規格は何故か、29.97fpsなのです。

いままでデジタル処理の都合かと勘違いしておりましたが、下記のサイト
に詳細が書かれておりました。
  • 白黒テレビ放送の時代は30フレーム/秒だった。(NTSCは30フレーム/秒)
  • 技術が発達してカラーテレビ放送を始めることになった。
  • カラーテレビのためにテレビの電波帯域を変更すると、やっと普及した白黒テレビが使えなくなる。
  • 色信号用の帯域がないため白黒テレビの電波に色信号を重ね合わせることを考える。
  • 重ね合わせるところは白黒信号の影響が少ないところ。
  • 問題発生。色信号と音声信号が干渉してノイズが出る。
  • 音声信号は白黒テレビですでに使われているので変更できない。
  • ノイズを消すため走査線の周波数を変更する。(フレーム数を変更する)
  • テレビの許容範囲やノイズが消える周波数を計算したところ、29.97フレーム/秒が適当だということになった。カラーテレビのためにテレビの電波帯域を変更すると、やっと普及した白黒テレビが使えなくなる。
てな事らしい。

要するに、白黒テレビからカラーテレビに変更する際の色信号分
フレームレートを若干落とした。ということらしいんですね。(´・ω・`)

てなわけで。30fpsと29.97fpsは違うわけです。

うんでもって、平たく問題点をいうと・・・。

30fps=>29.97fpsにすると
1000コマに1コマ、ドロップが発生する。

っうことなんですな。大凡33秒周期で1フレームです。
通常じゃ判らん筈なんですが、丁度66秒付近で高速パンUpの演出がはいっておりまして。

思いっきり。「かくっ!」と認識できる状態に。(´;ω;`)

全てはDVD-Video形式で製作をしなかったワレが悪いわけですが・・・。
もう、いま泣きながら再編集をかましております。

教訓:画面サイズはどうでもいいから
フレームレートはVideoを認識しておけや!

この愚痴が、どなたかのお役に立てますように・・・・。。。。

そいでは。また。