Aviutlで編集した素材ファイルをかき集める。

Aviutlの編集内容の保存形式は「.aup」である。基本的には、素材の参照先はドライブ名:フォルダ名で保存されており再編集をする際には、同じドライブ名:フォルダ名の場所に素材を用意する必要がある。別PCなんかに、編集環境を持っていくのが大変。(´・ω・`)しかし。開いた「.aup」 と 同一フォルダ内にある素材も参照してくれる。 という大変便利な機能もある。そこで、バイナリで弄ることが困…

続きを読む